参加規約

 この度はOsaka Furry Fun Festa(以下、『OFFF』と記載いたします。)にご興味をお持ちいただきまして誠にありがとうございます。円滑にイベントを開催し、トラブルなく、より多くの方がイベントを楽しめるように、OFFFでは参加におけるルールを取り決めております。内容をご理解のうえ、つつがなくイベントが運営できますように、参加者の皆様にはご協力お願いいたします。

 

基本事項

・イベント会場内では参加証をスタッフ・ボランティアが確認しやすい位置に着用してください。またスタッフ・ボランティアからら提示の要求があったら速やかに提示をしてください。(きぐるみ着用中も参加証の携帯着用をお願いいたします。)

 

・参加証がない場合は、メインホール及び更衣室には入場する事ができません。

 

・参加証を紛失した場合は、速やかにスタッフへご連絡ください。

 

・イベント開催エリア外には立ち入らないでください。

 

・会場内、許可を受けた者以外の物品の販売は禁止いたします。

 

・会場内、以下の行為や行動等は禁止いたします。(禁止対象:性的主張の強いもの、残虐性の強いもの、政治的主張の強いもの、その他公序良俗に反するもの)

 

・以下の衣装や装飾の着用はトラブル防止の観点から禁止いたします。また場合によっては退場いただく可能性もございます。(禁止対象:性的主張の強いもの、残虐性の強いもの、政治的主張の強い物、その他公序良俗に反するもの)

 

・会場の備品類は目的外用途での使用及び乱暴な扱いは禁止いたします。(目的外用途での使用や乱暴な扱いで破損した場合は弁償していただきます。)

 

・フクラシア従業員・運営スタッフ・ボランティアから指示を出す場合があります。指示をだされた場合は速やかに従ってください。指示に従わない場合はご退場いただく可能性もございます。

 

・火災・地震等、非常事態発生時は、フクラシア従業員の指示、誘導に従ってください。

 

・楽器、鳴り物の類は定められた場所でのみ演奏可能です。また音量によってはお控えく場合もございますスタッフの指示に従ってください。

 

・参加者同士でトラブル(心身的、物質経済的)を起こさず、イベントを楽しめるようご協力お願いいたします。トラブルが発生した場合は当事者同士での解決をお願いいたします。緊急性を要する場合、又は当事者同士での解決が困難な場合は速やかに近くのスタッフへの協力を仰いでください。(スタッフはトラブルの解決する為の話し合いに協力するだけであり、弁済や保証といった事はいたしかねます。あらかじめご了承ください。)

 

・上記事項以外にも法令及び宿泊規約等は必ずお守りください。

 

着ぐるみについて

イベント当日は、着ぐるみ趣味者の方以外にも、着ぐるみが苦手な方、ホテルを利用される一般の方等、様々の人が来場されます。各々の意見を尊重しお互いに不快にならないように注意しましょう。

 

*着ぐるみ着用をされない皆様へ*

・OFFFに参加する着ぐるみの多くは、各オーナーがわが子のように可愛がり愛情をそそいでいるキャラクターです。また、その多くは一点物であり代替のきかないモノであります。着ぐるみとふれあう際はその事を配慮していただき、『やさしく』ふれあってください。

 

・オーナーによっては、『触れられたくない』『写真を撮られたくない』といった方もいらっしゃいます。必ずハグや写真を撮る際は、キャラに確認してから行ってください。また断られた場合は、無理強いはしないでください。

 

・禁止事項やその他各種諸注意及び着ぐるみ着用者向けのルール等も読んでおいてください。

 

*着ぐるみを着用する皆様へ*

・ご自身の体調、体力と相談し無理のない範囲で着ぐるみの着用をお願いいたします。

 

・ヘッドレスルーム等を活用して、適度に休憩してください。

 

・体調不良の場合は無理をせず、着ぐるみの着用をおやめください。

 

・初めてきぐるみを着用される方は、サポートを必ずつけて無理をしないでください。

 

・着ぐるみ着用のまま床に寝るなどの行為は体調不良病気等と勘違いする為おやめください。着ぐるみ着用中に、危険を感じた場合(意識が混濁している、外部からの応答に反応がない等)スタッフや救急隊員が強制的に着ぐるみを脱がせる場合がございます。また脱がせる際に刃物等で着ぐるみをやむを得ず破壊する場合もございます。ご了承ください。

 

・着ぐるみ趣味者以外にとっては、この趣味の経歴に関係なく、テーマパークや祭りに登場するキャラクター着ぐるみと同一視されてしまいます。本イベントにおいても、来場者より各種お願い(写真撮影、ハグ等)をされる事が予想されます。可能な範囲でかまいませんので期待に応えてあげてください。

 

・きぐるみ着用中でもコミニュケーションをとれる方法(サポートをつける、直接喋る鳴く、プラカードを持つ等)を検討用意したうえでご参加願います。

・着ぐるみ着用中に意思疎通が出来ずに、何らかのトラブル(乱暴された、何かを壊した)等が発生した場合は、スタッフまで早急に連絡してください。

 

・着ぐるみ着用中自体が『特殊な状態』である事を踏まえて、行動をしていただき安全にはご配慮していただきますようにお願いいたします。

 

・禁止事項やその他各種諸注意及び着ぐるみ着用されない方向けのルール等も読んでおいてください。


 

持ち物の管理について

・ご自身の持ち物、貴重品の管理はご自身にてお願いいたします。OFFF運営では盗難、破損などの責任は負いません。

 

・カバン・荷物等を置いてその場を離れないでください。

 

・他人の持ち物、道具、着ぐるみ、衣装には持ち主の許可なく触れないようしてください。

 

・会場内で不審物を発見した場合は、手を触れずスタッフまでお知らせください。

 

・ゴミ等は所定のゴミ箱などに廃棄をお願いいたします。ポイ捨ては禁止いたします。

 

持ち込みできないもの

・食品類・酒類(ソフトドリンク・お茶等は蓋をする事ができるペットボトル容器に限り持ち込み可能)

 

・危険品、刃物、拳銃火器類、コンロ、死体、不潔なもの、臭気を発するもの、他の参加者に危害を及ぼすおそれのあるもの、会場を破損する恐れのあるもの等、またこれらの物を模した物(モデルガン・模造刀の類は持ち込み禁止です。)

・動物(但し、盲導犬等介助犬は除く)・小動物・虫類・魚介類

・その他、法令に違反するもの

 

ホテル宿泊者の方へ

 

・フロントロビー、食堂等ホテル側が許可した場所以外の各部屋、各フロア(主に客室等)に、宿泊者以外を招く事は禁止されております。

 

・宿泊者以外の人を客室に入室させる事はできません。

 

・イベント会場-客室間は、着ぐるみを着用したままの移動はできません。イベント会場内の更衣室をご利用ください。

 

・開催当日は各ホテル共、OFFF参加者以外も宿泊されております。貸切ではございません。騒音振動等、他のお客様への迷惑となる行為はおやめください。

写真・動画の取り扱いについて

・更衣室・ヘッドレスルーム、及びアーティストアレイエリアでの撮影は禁止です。

但しアーティストアレイ出展者が、自己の出展ブースを撮影する場合に限り撮影可能です。

 

・会場内での参加者によるインターネットを用いたライブ動画配信(Youtube・ツイキャス等)は禁止いたします。

 

・参加者が写真及び動画を公開した事により発生した損害、トラブルに関しましてはOFFFでは責任を負いません。当事者同士でのご解決をお願いいたします。

 

・公式スタッフによる、アーティストアレイ等での撮影は事前に各ブース出展者の許可を得た上で実施いたします。

 

・公式スタッフが撮影した写真、動画は今後の資料、告知案内などの用途等で公開使用する場合がございます。また参加者様が撮影された写真を上記目的で使用する場合がございます。その際は、撮影者様へOFFFから連絡をとり許可を得るようにいたします。

 

・新聞、TV、ラジオ、雑誌タウン誌、インターネット媒体サイトなどの取材が入る場合がございます。

 

アーティストブースについて

・アーティストブースに設置されているペン・画材類をブース外へ持ち出さないでください。

 

・公序良俗を著しく乱す、イラスト文言等の描画記載を行わないでください。イベントの趣旨に沿わないとOFFFが判断した場合撤去廃棄いたします。

 

・会場内アーティストアレイ出展者以外の売買やコミッション(転売・健康グッズの販売、ネイルアート、フェイスペインティング、占い・施術等行為含む)を禁止致します。


アーティストアレイ(購入者側)について

・購入時混雑しているときは自発的に2列整列にて、お待ちください。また出展者やスタッフの指示には必ず従ってください。

 

・出展者側・スッタフ側より年齢確認を求められた場合は速やかに確認できる書類の提示をお願いいたします。

 

・作品見本をみる際は、必ず出展者の許可を得てから観覧してください。

 

・頒布物の上に物やお金を置かないようにしてください、

 

・細かいお金を用意しておつりの少ないようにしてください。高額紙幣を使用する際はお釣りがあるか確認してから購入してください。

 

・出展ブースの前でたむろしないようにしてください。


 

ハラスメントについて

当日は様々な方がいらっしゃることが予想されます。OFFFでは各種ハラスメント(性的、地域的、物理的等種類を問わず)を容認することはございません。

 

     【ハラスメントの例】

・性的な会話を強要する。性的な冗談を受け入れないと仲間外れにする(男女異性同性同士問わず)

 

・「ホモっぽいよね。」「女なのに…?」など性別に関する差別的発言及びイメージの強要

・「〇〇人は平気で嘘をつく。」など国に対する勝手なイメージによる差別的発言及びイメージの強要

・相手の許可を得ずに写真撮影及びSNS等へのアップ

・いわゆるスケブ行為を強要する事

 

上記の例以外にも、相手が不快と感じたら『ハラスメント行為』になります。

各々が他者に対して尊重し失礼のないように交流をしてください。また、他者から「いいえ」「NO」と拒否された場合は、その言葉、行為な等は直ちに止め撤回をしてください。



 

OFFF運営でも全力をあげてイベント運営に臨みますが、安全安心なイベント開催の為にも、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 
 
 
 
 
 
 
2019 OFFFチーム 代表:自由寒月